• カネコ ユウキ

祖母が教えてくれた当たり前の事

私は数回、職場の人をドッカーンと怒らせてしまった事があります。全員年上の男性です。

私が相手に伝えた言葉はいずれも、


「そんな事しちゃだめですよ!」


「そうじゃないですよ」


「こんな事してはだめです!」


という感じでした。内容はなんであれ、こういった言葉をきっかけに相手がドカーン!と爆発しました。私はそれがなんでか理解出来なかったのです。


なんで、みんな、私は間違いを修正しているのに、そんな怒るんだろうか・・・謎だ。


当時は自分の言い方を気にしていませんでしたので、相手が爆発した時の原因に

共通点があるとは思っていませんでした。


その後自己嫌悪になりいじいじと気の済むまで落ち込み、すねます。病みます。

職場の対人トラブルは、こわいし、はっきり言って恥ずかしいんですよ。


そんなある日、祖母と電話をしました。


いつもなら、祖母の話を聞いたりなんでもない笑い話をするのですが、私は初めて

自分が原因で人を怒らせてしまうと相談しました。


祖母とは距離もありますから、なるべく明るい話ばっかり伝えたいし、良い孫でいたかったので自分のカッコイイ部分だけ(そんなんほぼないですが)話していたのですが、


この時初めて、長年対人関係で悩んでいる事、人を怒らすきっかけが毎回自分である事を伝えました。そして職場の男性がドカーンと爆発した時の事をそのままあった通りに説明すると、



祖母「ああ、ユーキちゃん、その言い方はね、相手を咎めているのよ。」



と言ったのです。咎めている・・・・


相手を責めていた・・・・・・・・・・のか。


「そんなつもりないのに」っていう言葉はなんかエグい。


なんで分からなかったのかな自分は、ここでもひとつの事しか出来ないのか。


責めたいんじゃなくて、社内の雰囲気を修正したかった。


でもその言い方が相手を咎めていた。責めてた。強く非難してた。


この瞬間これまでの色々な事が一気につながったような気がしました。


気を付けよう。本当に。


自分の価値観なんて、他の人からしたら違う形なのだという事を忘れずに、


ありがとう、おばあちゃん。



#生き方 #対人関係 #怒らせてしまう人

​金子 結希

1990年11月16日 兵庫県生まれ

四万温泉在住

旅館スタッフ兼イラスト屋。

物心ついた頃から絵を描き始める。

16才の時から家具&ハンドメイドショップ「Cell-D」でポストカードを販売する。

2012年 名古屋クリエーターズマーケット参加

2014年職場で描いたPOPのイラストがチェーン店8店舗に配布される

2015年 柏屋旅館でポストカードの販売を開始

毎年の残暑見舞いや年末DMのイラスト、お客さまへのプレゼント用の似顔絵などの少しずつ仕事を任されるようになる。

 

2019年 柏屋旅館で四万川のアクリル絵画 個展開催・販売

 

2020年 わしの屋酒店さま四万ブルーエール・四万ブルーサイダーのラベルデザイン、のぼりデザインを担当する

ブログは経験から得た対人関係を失敗しない為の自分なりの解決方法やその他生き方についての記事、または絵描きにとって役立つ情報などを記事にしている。また平行して夫婦の日常1コマブログも更新中。

​イラストギャラリーあります。良かったらご覧下さい。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

© 2017  Wix.com で作成した

ホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now