• yuukiholaku

経験に感謝

私は過去、自分の「正しい」を相手に無理やり押し付けて問題を解決した気になっていた時期がありました。 自分は辛いけど、これで人の役に立った。


大切なものを守った。


そんな風に心底思っていました。


その正義を振りかざし続けた結果、


誰からも感謝されず、相手を傷つけるような事になり、なぜか孤独感を感じるようなネガティブな空間しか作りだされず、私は消耗し、自分の事を何かの精神的な病気だと思いこむようになり、職場を休みました。


自分は頑張っていたつもりなのに、何ひとつ、ポジティブなものが生まれませんでした。


私は正社員を辞め、アルバイトとして働く事で出勤数を大幅に減らしました。

その時は、少ない回数でも、出勤するのが嫌で嫌で、怖くてしかたがなく、出勤時間が近づくと身体がこわばり、布団の中でじーっと固まるような感じでした。


私が今こうして、職場を辞めずに心の底から楽しく、安心して暮らせるのは、少しずつこの半年ほどで本気で学んだ事があるからです。


それは、みんなが個々の良し悪しを持っているという事。


全ての物事が中立的な位置にあり、自分の観念が良し悪しを決めているという事。


今となっては、なんで分からなかったんだろうとすら思うほど、当たり前ですが、


相手の人生に土足で踏み込んではいけない事。


他にも沢山ありますが、私の中で大きくはこのような内容の価値観が変わりました。


自分の人生がそうですが、これまでのすべての経験で、いらなかったなという事はありません。失敗も成功も、全部完璧に必要でした。関わった全ての人、関わっていないすべての人から学ばせてもらったんです。


他者が存在せず、誰とも違いがなかったら、自分の姿が分かりませんでした。だから今では、形が似てる人、全く違う人、みんなに心底感謝しています。


相手の形も、自分の形も尊重するようになり、恥ずかしながら、この歳になって初めて

今までないくらい家族以外の人から話しかけられるようになったと感じています。


ありのままの本当の心だけは何が大切かを知っています。


だから心が痛くなったり窮屈になったりして教えてくれるんだと思います。


私の信じる本当は、"軽くて、温かくて、簡単です"。