• yuukiholaku

"自分の中に毒を持て"を読んで

この本はYou tubeでマコなり社長がオススメしていたので購入しました。

マコなり社長という人は知ってる方も多いと思いますが、株式会社divの若手経営者でプログラミングスクールを運営していて、さらにYouTubeでも登録者数約70万人という、生産性に命を捧げているアニメ好きな凄腕の社長です。


▼マコなり社長のYou tubeページ▼

https://www.youtube.com/channel/UC7I3QTra4_kC4TSu8f7rHkA


この方が岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」という本を紹介した動画を見て、めっちゃしびれたので購入しました。


そして実際に読んでさらにしびれ、マヒ状態になります。


今の世の中は人に認められる、喜ばれる事に価値があるという認識だと書いており、

岡本太郎さんは、そんな人の目はいいから自分の納得のいく自分の人生のスジを通せと主張しています。


「純粋な人間の、無垢な情熱の炎」


私は実家が兵庫県ですから、岡本太郎さんのデザインした太陽の塔は幼い頃から度々見かけていました。


あれは、人の目を気にしないで自分の人生を貫いた人がデザインしたものなんだ。


上にある黄金の未来の顔、真ん中の現在の顔、背面に描かれた過去の顔、そして博覧会終了から今だ行方不明のままの地底の顔。


本を読んだ時、心が温かくなりました。自分の人生のスジを通すって怖い事です。


私がこれまで散々考えてきた、人と上手くやる方法とは真逆の世界ですから。


でも思いました。真逆の世界に向かっても人生の花は咲く。


「認められる」とは人生に必要なものだと思っていましたが、そうではなく、

人に認められようと、られまいと、どちらでも、自分が決めた、自分の人生を生きるなら、


結果がなくても爽やかで、納得がいく。


とっても晴れ晴れとしていて良いなと思いました。オススメですので、まだの人は是非読んでみて下さい。


今日は本を読ませて頂いた感想をイラストにしてみました。