• yuukiholaku

最後のお膳出し

職場の柏屋旅館が改装工事の為2ヵ月くらい休館になります。3月中旬リニューアルオープンの予定です。夕食がお膳のお部屋食ではなくなり、食事処になります。


お食事がお客さまにとってより快適になり、温かい料理をより早く運べるようになるなんて最高です。


私は30歳になりましたが、お膳は24歳の時から運ばせて頂いてました。

(去年からパートタイムになり回数は減りましたが・・・)

最初は1週間経っても2段のお膳を持って立ち上がれず、「まだ出来ません(;□;)」と言って先輩を困らせました・・・。懐かしいです。


「よし気を付けよう。そーっとそーっと」と唱えてから毎回運んでいました。体はすぐに頭が追いつかないくらい早く動きたがるので、事故らないように声に出してたんです。


スタッフみんなで分担して毎日お膳出しが出来ていました。

お膳で夕食を運ぶ仕事をくれた職場に本当に感謝です。


最後のお膳を運び終わった日の夜、

「終わっちゃった・・・。」と最初に思いました。変わっていく職場が嬉しい気持ちと、さみしさも感じました。



変化の時には、さみしさがセットになるもんなんですかね。

お食事を出す時、お客さまの心から楽しそうな姿を見れるのが本当に楽しかったです。


お膳出しは私にとって一生の想い出です。