• カネコ ユウキ

支え合いながら独りでいる事

最終更新: 2020年7月25日


今回は生き方の姿勢を変えてみた結果、分かった事を3つご紹介させて頂きます。



①人はめちゃめちゃ妄想しやすい傾向がある。


現実で起こってないのに、もしこれが~だったらみたいな妄想を気付いたらしていませんか。


人間には初期装備で備わっている「自動思考」という機能があるそうです。

つまり意識しないと勝手にあれやこれやと考え進めてしまうんです。


そこにネガティブ要素が加わると厄介です。


あの人はきっとあんな事を言ってる。


あの人はきっと~だ。


など、自動で妄想を進めてしまいます。


自分が妄想していると気付いたら、自覚してとまりましょう。



②責めるのは簡単


私は過去、自分を責め倒して、相手の事も責め倒してきました。


自分が正しいと信じて疑わず、堂々と曲がった価値観を自分にも他人にも押し付けてきました。


そうして生きた結果、良い物が生まれた経験は1度もありません。


自分は心を病み、相手は怒りで爆発しました。



そうして自分にとって、少し残酷な事に気が付いたんです。



いつまでも自分を責める事は、簡単だという事です。



難しいのは、


相手と分かり合えなかった時に、折り合いをつけて付き合う方法。


自分を責めずに、迷惑をかけたら反省し、必要ならきっちり謝り、そして改善して他者に行動で貢献する事。


妄想せずに、自分都合で解釈せずにまわりの世界を正しく見る事です。



③精神は孤独であった方が良いという事。


人間はみんな一人では生きていません。目の前にある全てが誰かの仕事によって作られたもので、今日自分が仕事が出来るのも、沢山の人の仕事のおかげですし、簡単に何か食べ物を変えるのも、建物に住めるのも、ネットを使えるのも全て誰かの仕事のおかげです。人に支えられ、また自分も誰かを支え生きています。


ですが精神は孤独な方がいいなと私は思います。


思いがけず言われた事に自分が傷ついた時、誰かと共感しない為。

逆に自分だけが思いがけず嬉しかった時も 人と共感しない為。


そして人から認められようとられまいと、自分の道を歩む為です。


喜びも悲しみも、怒りも自分で承認する。


あくまで今の私の考えですが、


こうする事で、人に対して本当に優しくなれるのだと思います。

いかがでしたでしょうか。


人それぞれの人生全て、正しいか、間違いか、判断する必要はないと思います。


自分の生きたい人生を歩もうと思います。


この記事が一部だけでも参考になりましたら幸いです。




​金子 結希

1990年11月16日 兵庫県生まれ

四万温泉在住

柏屋旅館スタッフ兼イラスト屋。

​大阪芸術大学短期大学部 卒業

物心ついた頃から絵を描く。

16才の時から家具&ハンドメイドショップ「Cell-D」でポストカードの販売を始める。

2012年 名古屋クリエーターズマーケット出品

就職するも、楽器屋を3か月で退社、化粧品会社を3年で退社
完全に自信を失い、高校の時から働かせてもらっていたファミリーマートでアルバイトをしながら実家にこもる。

自分の仕事や価値観は自分で決めなければいけないのだとようやく分かり、全部自分を変える為に群馬県に引っ越す。
 

2015年 柏屋旅館 入社
ポストカードの販売を開始

残暑見舞いや年末DMのイラスト、お客さまへのプレゼント用の似顔絵などの少しずつ仕事を任されるようになる

2019年 柏屋旅館で四万川のアクリル絵画 個展開催・販売

2020年2月 柏屋旅館で正社員からパートタイムへ変わる

2020年7月 個人事業「イラスト屋 ユーキ」開業

ブログは経験から得た対人関係をテーマにした解決方法やその他生き方についての記事など、ささやかな事から何でものせてます。
​イラストギャラリーありますので良かったらご覧下さい。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

© 2017  Wix.com で作成した

ホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now